勝ち点37でJ1残留する!?

2017年の20節を終了した時点で、マリノスは勝ち点37になりました。
これでJ1への残留が確定したでしょう。

毎年の不安事に応援するクラブが残留できるのか?
そんな次元の低いことでなく、優勝を目指せ!と意識を向けるも人間ですから不安にもなるときがあります。
なんせ、メディアの方々が大々的に、2017年のマリノスは主力が大量に流失し、降格候補になっているチーム騒いでくれました。

ならば、J1に残留したチーム(年間順位15位のチーム)の勝ち点はいくつなのか調べてみました。

16位~18位の下位3チームが自動降格する2009年からのデータです。
2009年 15位 勝ち点:39 モンテディオ山形
2010年 15位 勝ち点:38 ヴィッセル神戸
2011年 15位 勝ち点:36 浦和レッズ
2012年 15位 勝ち点:40 アルビレックス新潟
2013年 15位 勝ち点:37 ヴァンフォーレ甲府
2014年 15位 勝ち点:36 清水エスパルス
2015年 15位 勝ち点:34 アルビレックス新潟
2016年 15位 勝ち点:30 アルビレックス新潟
15位の平均勝ち点:36.25
15位の中央値:36.5

ということなので、37点以上の勝ち点があれば、降格の可能性は限りなく低いということになります。

これで降格する心配はなくなってので優勝だけを目指すぞ!!

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/