大人にも必要な世界共通の学習者像

国際バカロレアと呼ばれる「世界共通の大学入試資格とそれにつながる小・中・高校生の教育プログラム」があります。
子供達に向けて、人類に共通する人間らしさと地球を共に守る責任を認識し、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する人間を育てるプログラムなのですが、その中にある「10の学習者像」が大人にだって必要なのではないかと思っています。
「10の学習者像」は、「国際的な視野を持つ人物」に必要な人間性を10の人物像として表しているものです。

その「10の学習者像」は
Inquirers : 探究する人
Knowledgeable : 知識のある人
Thinkers : 考える人
Communicators : コミュニケーションができる人
Principled : 信念のある人
Open-minded : 心を開く人
Caring : 思いやりのある人
Risk-takers : 挑戦する人
Balanced : バランスのとれた人
Reflective : 振り返りができる人
です。

それぞれを詳しく紹介しましょう。

『探究する人』
私たちは、好奇心を育み、探究し研究するスキルを身につけます。ひとりで学んだり、他の人々と共に学んだりします。熱意をもって学び、学ぶ喜びを生涯を通じてもち続けます。
『知識のある人』
私たちは、概念的な理解を深めて活用し、幅広い分野の知識を探究します。地域社会やグローバル社会における重要な課題や考えに取り組みます。
『考える人』
私たちは、複雑な問題を分析し、責任ある行動をとるために、批判的かつ創造的に考えるスキルを活用します。率先して理性的で倫理的な判断を下します。
『コミュニケーションができる人』
私たちは、複数の言語やさまざまな方法を用いて、自信をもって創造的に自分自身を表現します。他の人々や他の集団のものの見方に注意深く耳を傾け、効果的に協力し合います。
『信念をもつ人』
私たちは、誠実かつ正直に、公正な考えと強い正義感をもって行動します。そして、あらゆる人々がもつ尊厳と権利を尊重して行動します。私たちは、自分自身の行動とそれに伴う結果に責任をもちます。
『心を開く人』
私たちは、自己の文化と個人的な経験の真価を正しく受け止めると同時に、他の人々の価値観や伝統の真価もまた正しく受け止めます。多様な視点を求め、価値を見いだし、その経験を糧に成長しようと努めます。
『思いやりのある人』
私たちは、思いやりと共感、そして尊重の精神を示します。人の役に立ち、他の人々の生活や私たちを取り巻く世界を良くするために行動します。
『挑戦する人』
私たちは、不確実な事態に対し、熟慮と決断力をもって向き合います。ひとりで、または協力して新しい考えや方法を探究します。挑戦と変化に機知に富んだ方法で快活に取り組みます。
『バランスのとれた人』
私たちは、自分自身や他の人々の幸福にとって、私たちの生を構成する知性、身体、心のバランスをとることが大切だと理解
しています。また、私たちが他の人々や、私たちが住むこの世界と相互に依存していることを認識しています。
『振り返りができる人』
私たちは、世界について、そして自分の考えや経験について、深く考察します。自分自身の学びと成長を促すため、自分の長
所と短所を理解するよう努めます。

私は人って生涯学習を続けるものだと思っています。子供の時に習っていなくても、今からでも始めればいいのではないでしょうか?
今後、より世界はグローバル化が進んで国という枠組みでは管理できないようにシフトするでしょう。
その中で必要な人物像を身につける意識を持つことはとても大切です。

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/

キレイなコミュニティボール作りと音で対話

東京大学の駒場祭で開催された哲学対話のイベントに参加してきました。
そこでキレイなコミュニティボールの作り方はバームクーヘンによる巻き方が良いことを確認。
そして、対話のコンテンツにも参加し、音による対話で喜怒哀楽の感情を音で表現できることを体感しました。

はじめにコミュニティボールは作り慣れていないと、色が片寄ったり、ボールがキレイな球体になりません。
そこにどんな理論を適用すればキレイな形になるのか東京大学の教授から講義して頂く。

難しい公式なしに説明するなら、バームクーヘンです。
バームクーヘンは何層にも生地を重ねて焼いていきます。
それと同じように、糸を色ごとに層を重ねる。厚さがまちまちにせず均一的な形にすればキレイになる。
コミュニティボール作りも奥が深いです。

その後に対話のコンテンツにも参加。
音で対話をしてみよう!という切り口でした。
音楽療法をお仕事にされている方と共に、色んな音が鳴るモノを使って、音を出す、音を聞くということをしました。

対話をするのは言葉という思い込みがありますが、音だけでも喜怒哀楽の表現を伝えることができます。
言葉も音も周波数の波であるので、関連性はあるということでしょう。

そのような対話をして気付いたことは、対話は色んなアプローチでできそうだけど、思考はできるのか?という問いです。
集中して考えたり意味を噛み砕いたり、それには対話はいらないような気がしました。

そんな対話にふれた1日を過ごしました。

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/

哲学対話で得られる4つの効能

みんなが輪になって対話をしながら哲学的な探求をする”哲学対話”。
対話をすることによって、いったいどんな効果があるのでしょうか?
今回は哲学対話の効能について紹介します。

聞く力
・お互いに耳を傾ける姿勢が身につく
・相手が話始める、話終えるのを待つ姿勢が身につく
・相手を否定しない姿勢が身につく
・お互いに質問する姿勢が身につく

語る力
・自分の意見を持つ主体性が身につく
・自分の言葉できちんと語れる
・自分の経験で話せばいいから前提知識はなくもいい
・みんなに通じるように話す
・何を言ってもいい

考える力
・深く考える思考力が身につく
・自分で考える力が身につく
・臨機応変な判断力が身につく
・容易に答えの出ない問いを保持し思考し続ける力が身につく
・批判的・創造的思考の育成される
・道徳的判断力の育成される
・ゆっくり考えていい
・分からなくなってもいい
・結論に至らなくてよい

繋がる力
・自分や他人の考え方に気付く
・他の人と共に考える力が身につく
・参加の強制から主体的に参加する姿勢が身につく
・人間関係の調整力が身につく

大きく分けると4種類になります。
対話をすることによって得られる効能は書き出してみると多いことに気付かされます。

コミュニケーションの基本となる聞く力と語る力、そして社会において多様な人と繋がっていく力や、答えのない問題に取り組む力を養えるのが”哲学対話”の魅力です。

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/

大切な問題には正解がない!?

人の価値観や人生観に正解はあるのでしょうか?
豊かに、幸せに、楽しく生きたい。限りなく根源的な人の望みです。
人それぞれ目的は同じだとしても、目標・手段は必ずしも同じではありません。
生い立ち、環境、身体能力、知識、交友関係、所得や貯蓄など、その人における条件は異なっているのに、みんなに共通するような唯一の正解がさもあるかのように思っています。
自分にとって大切な問題には正解がないことに気付くことがまず重要になります。

「対話」という行為には、物事の根本に立ち返らせる働きがあります。
例えば、「食の安全はどう守る」というような現実的で社会的な「問い」だとしても、「対話」を重ねていくことで「問い」がどんどん根源的になって、いわゆる「正解」というものがない、人それぞれの価値観や人生観と向き合うことになります。
自分と向き合い、他の人の様々な価値観を知った上で自分と社会との関わり方やその先にある現実的な問題にも、本質を見失う事なく判断ができるようになります。

ですが、私達は毎日の生活が忙しくて実際には心も体も余裕がない。
「幸せとは何か?」そんなことを普段の生活においてじっくり考える機会はありません。そして、こういう「問い」はとても哲学的になりがちなので、考える手がかりがわからなかったり、漠然としすぎて自分一人で考えるのが無意味のような気がしてくるものです。

しかし、現在私達の社会が直面している多くの社会的な問題に取り組むためには、まずは自分自身が「問い」を持ち続け、正解のない問題について考える・探求する経験と習慣が必要になります。

「対話」は誰もが手軽に哲学できる手段のひとつです。
みんなで話し合って根源的な問題に取り組むための方法や、対立にならない方法、「問い」を積み重ね、私達にとって本当に大切な問題を考えるための、きっかけや手がかりを提供したいと考えています。

「対話」は、日常生活で当たり前になっている常識をあらためて考え直す話し合いの場。
誰でも気軽に参加でき多様な価値観でモノゴトを考える土壌をつくり、新しい出会いや発見、気づきの機会を提供します。
あなたにとって大切な問題を考えてみませんか!?

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/

人の話を聞くと自己肯定感が高まる

人は認められると嬉しい。認められると自信がつく。人であれば誰しもが持っている本質的な一面です。
このような相手の自尊心や自己肯定感は話を聞くだけで高まります。

近年、自信がない人が増えており、自尊心や自己肯定感が低くなっています。
「自分は誰かに必要とされている。自分って結構できる。」というような、自分に対する評価が低い人が増えました。

その理由は「相手を認める」という行動が少ないのが要因のひとつだと思います。
自尊心や自己肯定感を高めるために有効な手段のひとつとして「相手の話を聞く」とがあります。

あなたは相手の話を聞いていますか?
相手の話を聞くと言っても、実はなかなかきちんとできていないことが多いです。
適当に相手の話を聞いていたり、頭の中は話と関係ない別のことを考えていたり、相手に意見しようとしたり、相手の顔を見ないで返答するとか、以外に人の話を聞くのは難しいことです。

そういう態度は案外相手に伝わり「この人に話をしても、きちんと聞いてくれないから、もう話したくないな」と思われてしまうでしょう。

相手があまり話をしてくれないと感じることがあるのなら、ご自分の話を聞く態度を見直してみてはどうでしょうか。

きちんと相手と向き合って、「うん、うん」と相槌を入れて話をしっかりと聞いてあげましょう。
ここで注意したいポイントは、「こうしたら?ああしたら?」というアドバイスは不要だということです。
相手はそんなアドバイスを求めていないことが多く、アドバイスしても相手には伝わりません。
ただ、どういうことがあったのか?何を思っているのか?を聞いてあげるだけで、認められている、と感じます。

きちんと真剣に話を聞いてあげて、そして相手の気持ちを理解し、共感してあげることが大切なポイントです。
その繰り返しによって、相手はどんどん話しかけてくるようになります。それをまた聞いてあげることで、私の気持ちは相手に認められたんだ、と感じ、自尊心や自己肯定感が高まります。

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/

プロスポーツ選手の年俸は成績と加齢を受け止めろ

プロスポーツ選手はシーズンの成績(チーム成績を含む)と自分の加齢を受け入れて、その結果に見合う年俸でなくてはいけない。

年俸は高ければ高いほど良い。

そんなことは当たり前なんですが、やっぱりそのシーズンで出した成績、個人の数値だけでなく、チームスポーツならチームの成績と見合う年俸でなくてはいけません。

さらに、全盛期が過ぎた選手は自分の加齢も受け入れることが必要です。

年俸が下がることは心情的に納得しがたいことは理解しますが、人は誰しも老いていくのです。

誰しもが知っている選手を例にしましょう。
プロ野球のイチロー。
2004年にMLBのシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新。
2016年にはMLB通算で3000本安打、500盗塁。
さらにNPB/MLB通算での安打世界記録を樹立。
歴代で1位になるような成績を残している選手です。
全盛期の年俸は18億円、しかし43歳になった今は2億4千万円。ピーク時の1/7になっています。
2012年から2013年になる際には半額以下を受け入れています。
推定年俸の推移
1992年 430万円
1993年 800万円
1994年 800万円
1995年 8000万円
1996年 1億6000万円
1997年 2億6000万円
1998年 4億3000万円
1999年 5億円
2000年 5億3000万円
2001年 5億6666万円
2002年 3億6960万円
2003年 4億6666万円
2004年 6億5000万円
2005年 12億5000万円
2006年 12億5000万円
2007年 12億5000万円
2008年 18億円
2009年 18億円
2010年 18億円
2011年 18億円
2012年 18億円
2013年 6億5000万円
2014年 6億5000万円
2015年 2億4000万円
2016年 2億4000万円

プロスポーツ選手の年俸には波があるのです。

シーズン成績や年齢による評価が納得できないなら、移籍するしかないでしょう。
冷たいように思われますがこういう世界なのです。

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/

インタビューは事前準備せずに場の雰囲気で話を聞け

対話のイベントではグループで話を聞くことが多いのですが、1対1のインタビューももちろんできます。
先日もインタビューのイベントをやらさせて頂きましたが、質問の内容ってほとんどその場で決めていました。

インタビューをするにあたり、もちろん事前準備はありましたよ。
今回のインタビューの趣旨説明とか、どんな感じの質問をするのか想定質問集などのお話はさせて頂いております。
イベント当日も今日話したいテーマを3つに絞っていましたが、実際のインタビューではテーマに縛られず話をさせて頂きました。

なんで、事前準備した通りにインタビューをしないのか?
それは、つまらない話になりがちだからです。
予定した内容を回答して欲しいならインタビューではなく、質問状かなんかで書いてもらえればいいのです。
むしろ、話をしている中で気持ちが入っている部分を掘り下げたり、全然関係のない話で脱線したり、インタビューもなまものですから、流れや雰囲気を大切に話を進めた方が、話している方も楽しい、聞いている方も楽しいインタビューになります。

普段、人にインタビューするというような機会は少ないとは思います。
けど、雑談の中で相手の話したいことに沿って会話をしているはずです。
相手の言いたいテーマを変えたり、自分の話題に切り替えたりしたら、楽しいおしゃべりだと感じないでしょう。

自然の流れに沿って対話をすると楽しくなるのがポイントなのです!

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/

選手は必ず移籍をする!だからすべきこととは?

今シーズンの終わりが近付き、選手の移籍に関する話題が増えてきました。
好きな選手が居なくなるのはクラブチームを応援している身として辛いものです。
※選手が好きな人(ファンやサポーター)は一緒に離れます。

私がその選手のユニフォームを買ったら移籍しちゃった!というあるある話。
さみしいのですが、そもそも移籍をしない選手ってどれだけいるのでしょう?
ひとつのクラブで選手生活を終えたサッカー選手(ワン・クラブ・マン)ですよ!?

我が愛するマリノスに入団し引退した選手は、
「上野良治」
日産自動車蹴球部の入団を含めても、
「永山邦夫」
「水沼貴史」
「木村和司」
の合計4人しかいません。
他の選手は全て移籍しているし、移籍による入団選手です。

にしても、Jリーグになってからだと上野の1人だけというのはさみしいもんです。

では、マリノスに何人の選手が在籍していたのかというと、237人です。
ワン・クラブ・マン率は 0.016877!
およそ1.6%という数値になります。
つまり、99%~98%が移籍するサッカー業界なのです!!

チームへの愛があっても実力がなければ移籍してしまう。
チームのことが好きでいて試合で結果も出せる選手はとても貴重なのです。

だからこそ、ファンやサポーターがすべきことはなんでしょうか?
今、目の前にいる選手を応援する声援を送ること。
インセンティブ契約があるので選手の番号が入ったグッズを買うこと。
私はこの2つだと思います。

今、マリノスでワン・クラブ・マンになる可能性がある選手(在籍年数が長い選手に限定)
「榎本哲也」
「栗原勇蔵」
「兵藤慎剛」
の3人になります。

今年の去就はどうなるのでしょうか?
来年もマリノスに在籍して頂けるのなら、最大の愛を込めて応援しなくちゃね!?

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校やビジネス・スポーツチーム・各種コミュニティなどで、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
コイタイワとのコラボ 2019年10月20日(日)〔東京・池袋〕
詳細やお申込みはこちらより
第50回 2019年10月27日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*哲学対話によるコミュニケーション研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校で実績がある哲学対話の手法を使い、考えること、自分の言葉で話すこと、相手の話をしっかり聞くことといったコミュニケーションスキルが身に付きます。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
*ホームページ
https://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/