対話力育成コーチ武のホームページ

組織活性化研修

  • 組織の風通しが悪い
  • 従業員のやる気がない
  • 部下が言われた仕事しかしない
  • 管理職が経営理念を説明できない
  • 異なる部門間での連携がない
  • 離職者がいっこうに減らない
  • 従業員とコミュニケーションが取れない

その悩み、哲学対話で改善できます。

哲学対話とは「問いを通して、話すこと、考えること、聞くこと、関係性を作ることを、みんなで一緒に積み重ねるコミュニケーション手段」です。

哲学対話は学校や教育現場で採用されており、導入がしやすく、得られる効果も多方面に渡ることから、近年注目を集めています。
哲学対話の原型は1969年コロンビア大学の大学生たちが論理的に考え、健全に判断する能力に欠けていると深く憂慮しマシュー・リップマンが哲学に基づくカリキュラム(Philosophy for Children:P4C)を作り上げました。 P4Cが目指すのは、子どもたちが自分自身で考える力を身につけ、思いやりと責任をもって、その考える力を使えるようになることです。

なぜ、哲学対話が組織の活性化につながるのか?
それは、学校で起きている問題は、組織で起きている問題と同じだからです。
子どもたちが勉強しない(やる気がない)、自発的に考えない(主体性がない)、教わったことを理解できていない、いじめが起きている、などなど。 それが、哲学対話をすることによって子どもたちの自主性が育ち、学力が伸び、人間関係による問題が解決しました。
今の組織では社員が自発的に考えて主体的に行動することが求められています。組織の理念を正しく理解し自分の言葉で説明することができる。また、従業員同士や他部署との連携が不可欠であり、その関係性を良くすることが求められます。 自分の行っていることに問いを持つこと、自分の頭で考えるといった哲学的思考、そして、自分の考えを言葉にすること、相手の話を聞くことといった対話力の両方が身に付きます。


研修内容

・哲学対話の講義
 哲学対話の特徴や効果とは?
 上手な対話を行うには?
 哲学対話のやり方
・哲学対話の実技
 質問ゲーム
 問い出し
 哲学対話

費用・定員

¥300,000-(税別) 最大20名まで

※20名以上の場合はお問い合わせください。